おせちの定番メニュー黒豆の栄養価がすごい

おせちには、黒豆やかまぼこ、栗きんとんに煮しめなど、これがなくてはおせちにならない定番メニューというものがあります。最近はローストビーフなどの洋風メニューがアクセントとして加わっていることもありますが、黒豆などの縁起物を欠かすわけにはいきません。
黒豆は、大豆の一種である黒大豆を砂糖や醤油で煮込んだ料理です。
江戸時代に高級料亭で供されていたのが、庶民に広まったと考えられています。
表面の艶をだすために、釘や重曹と一緒に長時間煮込む必要があり、作るのに手間がかかる料理のひとつです。

黒豆は、畑の肉とよばれる大豆の仲間だけあって、植物性タンパク質が豊富。



腸内でビフィズス菌などの善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やしてくれるオリゴ糖や女性の美容に関係の深いエストロゲンと同じ働きをする大豆イソフラボンなど、たくさんの栄養素を含んでいます。


最近、アンチエイジングに効果を発揮する抗酸化物質、アントシアニンも黒豆に多く含まれています。



アントシアニンには、目の機能を改善したり、皮膚中のコラーゲンを安定させる作用まであるので、目が霞んで見える人や肌荒れに悩んでいる人は、黒豆を食べるようにしましょう。


また、鉄分は女性に多い貧血の予防に欠かすことのできない物質です。
数あるおせちの定番メニューのなかでも、栄養という観点から見たときには、黒豆が最も優れているメニューのひとつだと言えるでしょう。



調理が面倒なようなら、黒豆だけでも出来合いのものを購入するという方法もあります。

おせちの納得の真実

お正月だからと言って、何か特別なことがあるわけではないというご家庭も多くなりました。以前は遠くにいる家族もすべて集まって新年を祝ったものでしょうが、現在はただ暦の節目という意味でしかないように感じられる方も多いでしょう。...

more

おせちを詳しく知りたいなら

お正月に食べるものとしておせち料理は欠かせません。多くの種類のおかずを重箱一杯に詰めたおせち料理は新年を鮮やかに彩ってくれます。...

more

おせちのテクニック

お正月のお祝いに準備する料理をおせち料理といいます。一般的に献立は重箱に詰められ、重箱の段数も盛りつけ方にもルールがあります。...

more

おせちの実態

お正月とは年神様をお迎えする新年の祝賀行事です。そのため本来の意味ではおせち料理はお迎えした年神様にお供えするための料理を指します。...

more
top