赤ちゃんがそるのは成長の過程で

赤ちゃんがそるというのには原因があります。


赤ちゃんはお母さんのお腹の中で体を丸めてきました。



生まれてきてからは体をまっすぐにしようとしているからだと言います。

その時の力の入れ具合が分からないから体をそるようになるのです。

赤ちゃんがそる時にはほかには怒っているように泣きながらそることもあります。

自分の気持ちをそのような態度を取ることであらわすのです。

詳しく知りたいガジェット通信が最近こちらで話題になっています。

抱っこをしていないときにもそったりしますが、それは背中に気持ちの悪さを感じている時や、暑いと感じている時、汗をかいている時にもなったりします。
赤ちゃんがそのようにする時期は早い場合には生後1ヶ月ころから見るようになります。
多くの場合は生後2ヶ月から3ヶ月となることが多いです。

その頃には殆どの赤ちゃんがそるようになってきます。


その時期は寝返りの練習をしているような時になります。
少し手助けをしてあげるのも良いです。

大抵の場合は横抱きをしている時にそうするようになるので縦抱きをすると治まるようになります。

お腹がいっぱいになっている時にそうなる時もあります。


それは、そうすることで自分が楽になることが自然に身に付いているからだと思われます。

体をそったりする期間は殆どの場合は1歳頃までと言われています。

赤ちゃんがそる情報があれば全てが解決します。

しかし、その癖がついてしまいずっと後まで続ける子もいます。

生まれてから成長をしていく間の発達の段階で行うようになりますが、滅多に無いですが時には脳性麻痺の病気や、自閉症などのような発達障害が原因でなる場合もあります。